愛人の望み・・・

女性たちの中には親元を離れて一人暮らしをしているという人が多いのではないかと思いますが、生活費を払うだけで精一杯であり、お小遣いと呼べるようなものはほとんど残らないかもしれません。そのために副業をしている人たちも多く、その中には水商売や風俗で稼ぐ女性たちも確かにいます。生活のためには仕方がないのであり、そうこうしているうちに何らかの出会いがあればいいという期待を抱いていたりします。そのような女性たちは誰かの愛人関係になることを希望する場合があります。水商売や風俗はいつもいろいろな男性を相手するので大変ですが、愛人であればひとりの男性を愛するだけでいいのです。そしてその男性の喜ばれることをするだけでその男性から養ってもらえるかもしれず、欲しいものを備えてもらったりするのです。つまりどちらかというと自分の生活のために愛人になるのであり、その男性と結婚できなくても自分としては構わない、でも自分を支えて欲しいという願いなのです。

 

このような愛人関係はお金でつながっているようなものであり、女性はその付き合う男性が自分を支えてくれる限り尽くしてくれますし、その男性に家庭があったとしてもその家庭には一切干渉しないというスタンスなのです。このようにして愛人関係はお互いにとってうまみがあり、メリットといえるものがあるので愛人関係を続けますが、もし男性が自分を支えてくれなくなるとその愛人関係は終わりに至るかもしれません。

続きを読む≫ 2016/03/27 14:08:27

既婚者が配偶者以外の異性と親密な関係になってしまうと、不貞行為と判断される可能性が高いと言えます。しかし、それはきちんと理解していても特定の異性と愛人関係を続けてしまう方も決して少なくないそうです。
愛人関係にもいくつかの種類があります。一般的な不倫に類される関係だけでなく、いわゆる愛人契約を結んだ上で関係を続けている方もいるのです。愛人契約を結んだ上で続いている関係の場合、どちらかというと恋愛感情で繋がっている関係とは少々性質が異なる可能性もあります。
一般的な不倫関係の多くは恋愛感情が介在していると言えます。非常に感情的な関係性であり、そこに契約は存在しないのが普通です。しかし愛人契約に基づいている愛人関係の場合、多少の情はあるものの、決して強い恋愛感情が介在しているとも限りません。まさしく契約上の関係であるケースも多いのです。
愛人契約による愛人の場合、楽しい時間を提供することで金銭等の見返りが発生するのが一般的です。つまり非常にビジネスライクな関係だということになります。関係を続けて行く上で次第に恋愛感情が芽生えることもありますが、契約で愛人をしている方は需要と供給の考え方が根底に存在している傾向が強いと言えるでしょう。
正式な配偶者から不倫関係である事を糾弾されてしまうと相応の責を負う事になりますが、愛人関係によって得られる見返りの魅力から、長々と関係を続けてしまう方も多いものです。相手の配偶者にも認められている愛人関係ならトラブルになる危険性は低くなるので、できればそういう条件で契約を結べる相手を探した方が安心です。

続きを読む≫ 2016/03/06 16:31:06

愛人と聞くとドラマや映画ではよく聞く言葉なのですが、実際に男性と愛人関係になる女性は多いようです。それにはいろいろと理由があると思います。どうしてそのように愛人関係を希望する女性がいるかというと、まず一つはパパのような存在を求める女性が多いからです。

 

ここでいうパパとは、もちろん年上の熟練した男性のことを指すことが多いです。特にそのような年上男性特有の落ち着いた雰囲気と、何事においての経験の豊かさに引かれる女性は多く、女性からは大きな存在として見られるようです。

 

そしてそれ以上にそのような男性と愛人関係を築きたいという理由は、やはり経済的な意味も大きいと思います。中高年世代の年上男性は、パパのような大きな存在感があるだけではなく、年収や資産を見ても同世代の若い男性にはないモノを持っています。

 

やはり、お金をたくさん稼げる男性や持っている男性は、愛人関係を希望している女性からみるとかなり魅力的に見えるようです。事実、そのような男性と交際をすれば、普段いけない東京都心のお洒落なレストランで食事が出来たり、何かプレゼントを買ってもらえるチャンスも増えますからね。また、お小遣いなども期待が出来るでしょう。

 

そして、愛人関係を希望する女性はどこで愛人を探しているかというと、やはり会社の上司などと親密になったり、パーティなどで出会うことが多いようです。また、最近はネットの出会いも増えており、ネット上の掲示板などでパパ募集をしています。それをきっかけに愛人関係を結ぶケースも多くなっています。

続きを読む≫ 2016/02/21 15:49:21

愛人という存在に対して抱くイメージは完全にドラマで得たものが多く、それらはどちらかと言うとマイナスよりです。奥さんがいながらにしてなお余所の場所で女性と密な関係を重ねる男性は大体が金持ちであったり、奥さんに対してあまり愛情を持たない場合が多いのだろうとも思います。
愛人関係を続ける女性はいずれ本妻となることを望むタイプと奥さんありきの男性を好むタイプに分かれているとドラマで得た知識の中、思います。お金や宝石の類に目を輝かせる女性を求める男性の中には自分がただの金づるだと思う人もいると思いますが、女性が男性を巧みに操るドラマが多いので私の中の愛人の女性はほぼ強い女性です。強かとも言えるでしょう。男性がどのようなタイプでも愛人である女性は色んな顔を見せます。愛人であるがゆえに得た計算力と柔軟性、そして演技力も兼ね備えていると思います。それゆえにドラマの中の愛人たちは、特に推理系のドラマでは、操られるタイプか、犯人役であることが多いように思います。ドラマや作られた話の中での愛人たちはみな強かながらもどこか影を落としていますが、実際の愛人たちもそうなのでしょう。
実際に自分が今、愛人であると認識している女性は、もしも相手の男性が自分を切り捨てた場合どのようになるか、考えていらっしゃるのでしょうか。例えば奥さんに愛人の存在が知られてしまい慰謝料を要求された場合にはどのような手に出るのでしょう。真っ向から戦うのか、計算して争いから即座に身を引き、次なる男性を探すのでしょうか。いずれにしても愛人に抱くイメージはマイナスよりです。世間からしてみれば堂々と表を歩ける肩書ではないように思います。

続きを読む≫ 2016/02/15 16:03:15

愛人...という敢えて不安定な位置に身を置く人。そこには、やはりいくつかの何とも言えない心地よさがあるのだと思います。
その相手には奥さんがおられます。そして、おそらく自分よりも年をとっているので、まずそこがなんともいい気分なのではないでしょうかね。若さというのは相対的なもので40代の奥さんに比べれば、自分は若いわけです。でも、同世代の女性と居れば若くもなんともないわけです。そして、男性の方も、奥さんと比べれば愛人女性は若く感じるので、可愛く感じたりします。奥さんよりも若い...というちょっと寂しい優越感がそこにあります。
それから、愛人のいる男性は一般的にやや高齢です。そうすると、若い男性よりは高収入なので一時的でも良い暮らしをさせてもらえます。ブランド品も買ってもらえたりするので、若い世代の男性と付き合っている女性に対して、自分の方が良い相手といるような錯覚も起こすかもしれません。
でも、実際のところ、そんな関係で裕福な暮らしをしていても、友人女性達は全く羨ましいとは思いませんよね。本当に良い友達がいたら「良くないから止めなさい」と言ってくれるのでしょうが、愛人になるような女性には良い友達もいないことが多いのです。自分ひとり、同世代の女性にも勝ったような気分で、派手な暮らしをする方がいるようです。
自分はまだまだ若くて可愛い、そのうち結婚してくれるだろう....という幻想を抱いて暮らしていくのですが、愛人を持つ男性はそのうちまた更に若い女性に目移りする可能性が大きいことを忘れないほうが良いと思います。

続きを読む≫ 2016/02/08 18:46:08

世間からすると、愛人なんていう立場の人間を擁護する人はほんの一握りなのかもしれません。
愛人を作った立場の人間よりも、愛人そのものを敵対視する人が物凄く多いと思います。
ですが、そんな愛人にも色々なタイプが存在するでしょうから、あからさまに敵意をむき出しにする必要はないのではないかと思うのです。
例えば、本当にお金が欲しくてかねづるとして愛人の地位にいるとなると、やっぱり世間の風当たりは厳しいかもしれません。
このタイプと全く異なり、本当に相手を愛しているからこそ、二番目でもいいから愛人となっている人もいるのです。
結婚してパートナーがいたとしても、いつどこで男女が恋に落ちるかなんて言うのは、本当にわからない事でしょう。
パートナーの事は愛しているけれど、それはもう恋愛関係の好きではなくて、ひとつの夫婦としての家族的な大きな愛なのだと断言している人もいるからです。
しかし、恋するときめきというのは、なかなか歯止めが利かない物のようです。
まさか結婚している身でありながら、こんなにも愛する人が別に現れるなんて思っても見なかったという想いに駆られる人もいるでしょう。
また愛人としては、相手に奥さんがいようと、彼を愛する気持ちは止められない。彼と結婚出来なくても彼の気持ちが自分に向いていれば問題ないという考えの人もいるからです。
本音を言えば、奥さんと離婚して自分と結婚して欲しいと思っている愛人もいるでしょうが、世間体などの問題から離婚は出来ない相手との関係を続けている人たちがかなり多くいるのです。
そんな風に、許されない愛人関係を続けている人たちの中には、本気で愛し合っているケースもあるという事を理解しても良いのではないかと思うのです。

続きを読む≫ 2016/02/05 21:00:05